top of page

​相談相手にお困りではありませんか?

​私のアトツギ苦労話し

 私自身も16年半に渡り、後継者として家業(製造業  年商60億 社員数350名)の経営に携わってきました。

9年間のサラリーマン生活を経て、家業に取締役として入社しましたが、​入社当初は社長になるためには「何を学べばいいのか?」全く分からず、先代からも具体的な指導を受けることもなく、ただできる事をがむしゃらに続ける日々を過ごしていました。そんな当時の私の悩みは、以下のようなものでした。

  1. 社長になるまでに、どんな準備が必要なのだろう?

  2. 経営者にとって必要なスキルって何だろう?

  3. 経営者スキルは、どうやって身に付けていけばいいのだろう?

  4. そもそも、社長の仕事って何をすればいいのだろう?

  5. 社員とどうすれば打ち解けあえるのか?

  6. どうしたら社員の心を掴めるのだろう?

  7. 実務にはどこまで入りこむ必要がるのだろう?

  8. 先代と意見が食い違う場合、どうしても勝てない。

  9. 後継者としての気負いが強く、いつもの自分(=自然体)でいれずストレスが溜まる

  10. いつも、どこか緊張していて、気を抜いたり笑ったりすることができない

 

 

このような後継者特有の悩みですが、セミナーにどれだけ通っても、経営の書籍を読み漁ってもスッキリすることはありませんでした。アトツギ時代から「先代以外の相談相手が必要」ということを常々感じていたのですが、私には幸いにして右腕となってくれる素晴らしい番頭さんがいらしたのです。

その方に大いに助けて頂き、相談にものってもらいました。特に助かったのは、先代とのコミュニケーションで困ったときです。番頭さんは先代をずっと支えてきた幹部であり、会社やビジネス、そして先代の事も熟知しています。そんなスーパーマンが身近にいてくれたおかげで、私は後継者として力を発揮することができたんですね。

ただ、私のように誰もが頼もしい「相談相手」に恵まれるとは限りません。

私が今取り組んでいるのは、後継者の皆さんにとって「頼もしい相談相手」になることです。

もし、私と同じような悩みを抱え苦しんでいるのであれば、ぜひ、一度ご相談ください。

愚痴を話すだけでも気持ちが楽になります。まずは、そこからでも構いません。

​ご相談をお待ちしております。

私のアトツギ時代の悩み

お悩み相談はこちら

アトツギ経験者である私に相談したいことがある方は、ご連絡ください。

※相談ご希望の方は✓を入れてください。
有難うございました! 折り返しご連絡させて頂きます。
bottom of page