top of page
検索
  • 執筆者の写真Takeshi Sekine

今、自分に課しているノルマ

 これまでアトツギ時代の出来事について、かれこれ2年間、毎週欠かさずブログを書いてきました。自分でも、よくここまで書き続けたもんだと感心します。今回は、今の自分に対して私がトレーニングのために欠かさず行っているノルマについて、そしてどのような働き方をしているのかご紹介します。


自分に課しているノルマ

現在の状況

 ご存知の方も多いと思いますが、私はコンサルティング会社の経営をやっています。といっても、まだ社員は私一人であり全ての業務を自分で行わなければなりません。だからと言って、自分の成長を止めることはできない。おかげさまで、多くの仕事を頂いており期末まではキャパシティの80%超となる仕事の目途がつきました。ですが、このままでは「自分のキャパシティの限界=会社の成長の限界」となるため、次なるステップへ進む必要がある。これが、私の現況です。さて、どうするか・・・



インプット・アウトプットの課題

 ビジネスを拡大させるためにも、お客様へより質の高い助言を提供するための情報収集、トレーニングは欠かせません。そのため、以下のノルマを課しています。


(インプット)

  1. 日経新聞の朝刊は必ず読む

  2. 検索クエリーによって、Google、YouTube、その他メディアから送られてくるニュースは必ず目を通す。私の検索クエリーには様々なキーワードがありますが、これは秘密です。

  3. SNS(twitter、Facebook、LinkedIn、Instagram)も決まったアカウントを毎日チェックする

  4. 週刊東洋経済は隅々まで目を通す

  5. 購読しているメルマガも毎日目を通す

  6. 月に2冊くらいは、そこそこのボリュームがあるビジネス書籍を読む


これだけでも、1日当たりに接する情報量は半端ない量ですが、上手にフィルタを設定して必要と思われる情報を取捨選択し読み込んでいます。



(アウトプット)

  1. SNS(主にTweitter)は、原則、毎日2本くらいの投稿を行う

  2. コンサル契約を頂いているお客様に有益と思われる情報を日々記録していく

  3. 毎週土日に月曜日更新のブログ(本ブログ)を書く(目安は5分以内で読める分量)

  4. 週1つくらいは、顧客向けの提案書を書く(2時間以内に完成させるルールあり)

  5. 有益なオンラインセミナー、イベントはできる限り出席する

 インプットだけでは自分のスキルに昇華できないので、できる限り学んだこと、頭に浮かんだことをTwitterで発信したり、ブログに書いたりすることを欠かさないようにしています。これをやらないとスキルが上がりません、せっかく得た知識や情報も仕事のアイデアに落とし込めません。



事業拡大に向けた課題

 事業を拡大するための課題として、以下のことをやっています。

  1. 月2件を目標に、新規事業のアイデアを考えて資料を作る。期待できるアイデアは、仮説構築、検証を素早く行う(これはトレーニングと思ってやっています)

  2. 月1つは、新しいセミナーのネタを考える

  3. 毎週、数字(売上)の計画表と実績を見比べ、目標数値に届くよう行動を考える

  4. 仕事が流れてくる仕組みを作る行動を月5件は行う(営業が不要になる事が目標)


この他、ノルマではないのですが、午前中は前夜までに考えたことを記録に残したり、PCを使う作業を素早く終わらせ、昼食後に1-2時間の昼寝休憩を取り、その後に思考力が必要とされる仕事に取り掛かるようなリズムを保っています。


最近は忙しくなって、ほぼ昼寝できなくなっていますが、私の仕事は午前中が勝負です。自分で言うのも何ですが、午前中は猛烈なスピードで仕事をこなしていきます。頭の中でやるべきことが整理されているので、それを片っ端から片づけていく感じです。昨年一年間、MBAに通っていましたが、おかげで思考力のスピードが復活し、アトツギ時代よりも確実に仕事のスピードが上がりました。おそらく30歳前半のピーク時と同じくらいのスピードが復活しており、さらには以前より判断力が鍛えられているので答えを出すまでの時間も確実に早くなっています。どういうわけか、50歳にして最速のスピードを手に入れているようです。



そして、午後は答えが出ていない「考える仕事」「調べる仕事」に時間をたっぷり使うというのが私の日課です。コンサルタントは顧客以上に有益な情報を持っていないと、質の高い助言ができないため、常に新しいネタを持ち続ける事が生命線となります。




アトツギ時代と変わらないこと

 作業に追われないようにし、考える時間、暇な時間を必ず作る。そして、将来の構想を毎日考え続ける。


アトツギ時代には、優秀な部下の方もいましたし、大勢の管理職がいたため、作業という作業を徹底して部下に任せるようにして、暇となる時間を作るようにしていました。

ところが、1名となった今では振る相手がいないので自分自身のスピードを上げることと、無駄な事務作業や業務を徹底的に排除することで時間を作るようにしています。


おそらくですが、私がコンサルタントとして顧客へ出す提案書、説明資料は他のコンサルタントと比較すると極端にページ数が少ないものばかりだと思います。文字数は少ないですが、必ず顧客に刺さる内容まで掘り下げて簡潔にまとめることを心がけています。


こういう努力の結果、アトツギ時代と同じように1人になって集中して考える時間を持つようにしています。


私のような一人親方の社長であれ、大勢の社員がいる社長であれ、自分のビジネスを客観的な視点で定点観測する事がとても大切であり、仕事に追われてこれが出来なくなると、そこで終了です。時間的な余裕を持つことが、仕事の質、スピードに直結するので、常に抱えきれない程の仕事がたまらないように、徹底して早く仕事を片付けるようにしています。




最後に

最後に、アトツギの皆さんへお伝えしたい事なんですが、とにかく毎日、どこかで1人になって考える時間を持つように仕事のやり方を工夫してください。


SNSに夢中になってずっとスマホの画面見ていてはだめですよ。電子機器から離れて、考えるだけでも良いですし、真っ白な紙に向かって手書きでアイデアを整理していくのも良いです。これをできるかどうかで、経営者としての伸びしろ、会社の伸びしろが変わってくるはずです。





以上


閲覧数:106回0件のコメント

最新記事

すべて表示
bottom of page